Lovers Delight / TA98 (MIX CD)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Lovers Delight / TA98 (MIX CD)

¥1,650 税込

送料についてはこちら

Mixed by TA98 Mastering / Yoshihiro Tatsuta (greenhouse studio) Cover Desigh / Chisato Himata Lovers Rock にスポットを当てVinyl OnlyでMIXした66min/32tracks。 70年代から90年代のソウルフル、メロウ、ドリーミーな極上音源達をスムースかつグルーヴィーに MIX。 現代でも色褪せない古き良き洗練されたLovers Rockの深溝を辿った“Lovers Delight”。 「メシにはBGMが大切だ。」なじみのカレー屋店主の言葉。 手元に届いたまさにうってつけの音源、フィジカルリリースにこだわるTA98の新しい一手"Lovers Delight"。 ロンドンで育まれたレゲエのラブソング達「Lovers Rock」がテーマとのことで、前作"Sweet Shot"シリーズでもみせた「甘さをも刺激的にさせる」彼のスキルに期待してさっそくカレーのお供に。 初ヴァイナル化で話題の"Groovin"での幕開けはまるでココナッツの甘さを漂わせる。D-ROY、ARIWA、ITALの極上のリディムがスムーズに繋がれていく中、"Feeling's Killing Me"などでのスクラッチ、2枚使いのスパイスにスプーンが止まる。 「ラヴァーズでも擦るとは...」。"On A Crowded Street"を彷彿させるリフが印象的な哀愁ダブを経由するセンスもさすが。 終盤の奇跡のラヴァーズ"Oh What A Night"は今は亡き友人との思い出深い一曲。昔この盤を店頭で奨めてくれた彼を偲びながらも、こんな曲を入れてくるTA98の広い知識に改めて驚かされる。 ミックスのスキルが甘さと交差した、かつて聴いたことのないラヴァーズのミックス。カレーを食べ終えたら海まで車を走らせよう。"Lovers Delight"を携えて。 Satoshi Ikeda (Suck Me Jazz) Sample https://soundcloud.com/ta98_backroomatmosphere/lovers-delight-sample